2016年3月30日水曜日

岡麓の信州明科



俳人、歌人の自筆は、わたくしにとって、そのひとへの入り口になる。
入手するたびに、わくわくする。
どんな作品世界があるのか、知りたくなる。
活字よりも、何倍も、その詩歌俳人の世界に近づける。

アララギ派の岡麓(明治10-昭和26)。
長く聖心学院の書道教諭だった。

  野茨も忍冬も
  這ふいし垣に
  花かほりあふ
  高瀬川の上  麓

昭和23の第5歌集「涌井(わくい)」所収。
578首が入っている。
いずれもが、アララギ同人の世話によって、北安曇郡染村内鎌に疎開した後の歌だ。
犀川が流れる信州明科だ。

信州松本へ都合7年暮らしたわたくしには、
所収の歌の数々の風景がよく見える。実によく見える。
信州の自然と農村風景への写生。

  岡麓は、信州の或る百姓家の土蔵のような二階で晩年を送り、
  去秋、さびしくなくなったが、茂吉から先年、麓を芸術院会員にしてくれと、
  たびたび手紙を遣したが、それが麓を楽にするためだったことがわかった。

と室生犀星は書いていたようだが、
信州に暮らしたものとして、
それは、すこし違う。

信州の水と空の澄み切った暮らしに
晩年の岡麓は、驚いては満足していたに違いないのだ。
「涌井」では、安曇野の自然が写生されている。
関東と異なる自然と村を、描き続けることの喜びばかりが、わたくしには浮かび上がってくる。
終の棲家で、ほんとうの詩境を得たのだと思える。


  このごろの雨夜ふりて朝やめば植えつけ稲のそだちゆくなり
  夕露の早くも降りてぬれをりとたちとまりふむ道のべのくさ
  わが庭におふる弱草そよ風の吹くがまにまにおきなおりつつ
  安曇にはありといふなる梓の木いまだ見ざるに春めぐり来ぬ
  くこもがもうこぎもがもと待ちつけしたきまぜ飯をわれにくわしめ


村の中にいなければわからない。
驚きをもって眺めているようすがわかる。

  岡麓は信州に移って、歌がすばらしくよくなった。

茂吉はそう言った。























偶々330


水戸郊外にて


初黄蝶 誰がたましひの なれるなむ
こみちあらば 初蝶みちびく ばかりかな
山茱萸へ まぎれこみゆく 初黄蝶
荒船の 峪深けれど 蝶飛べり  (信濃移住へ)
なのはなの てふに化したる 日のあまり














2016年3月24日木曜日

秋兔死の自由律


自由律の和田光利(秋兔死)。
荻原井泉水の「層雲」同人で、
朱麟洞、
秋紅蓼、
此君楼、
鳳車、
魚眠洞、
山頭火、
放哉、
と同列にされる。

山頭火を山形に招き、
山頭火はその酒席で、壊れた。










2016年3月22日火曜日

偶々321


瓜連にて。

花冷へや 反轉近き なかにをり
日半路(ひなかぢ)往く 鹿島神なる 大漢(をとこ)
明(さや)に明(さや)に あかもものはな はなざかり
ごろごろと 石臼の音して 春蘭し
如來地は はるかむかふの かすみかな














2016年3月21日月曜日

句の底にある古典

このほど星野立子賞を受けた蘭草慶子の句集「櫻翳」について、
詩人の杉本徹は、ふらんす堂通信147号で、
藤原定家の新古今和歌集の美学に即している、と看破した。

めつむればなにもかもある春の暮

  見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮(定家)

暮るる暮るると山鳩が鳴く落葉籠

  古畑のそばの立木にゐる鳩の友の呼ぶ声のすごき夕暮れ(西行)

のように、
新古今の定家の「虚の美学」というものが、
句の根底にあるというのだ。
「虚の美学」はまったく知らない。


ここで、わたくしは
岡井隆の「歌謡の時間性と無時間性―古典歌謡と近代詩人」という歌論(「はるかなる斎藤茂吉」)を思い出した。

斎藤茂吉や北原白秋は「梁塵秘抄」から、
木下杢太郎は「松の葉」から、
塚本邦雄は「閑吟集」「狂言小唄集」から、
作品の発想を取ってきたこと。
それらの古典を取り入れることができた技術と見識、センスを
むしろ主張しようとしていること。
岡井隆はそれを
「古歌に学ぶのではなく、古語を採る姿勢によって、ほかの詩人の意表を突くペタンドリイ」
と解釈した。

じっくりと向き合ったうえで、
自身の言語に転換した作品は、
おもいのほか、作者に充実を与える。
古い歌語、古い詩語、古いイメージ、シンボルとの出合いは
作家にとってつくずく重要だと思う。

ただし
一方で、角川源義などは
和歌の影響下にある俳をよしとしなかったのも事実。






2016年3月20日日曜日

虚子の題詠


筑紫磐井(つくしばんせい)の評論「題詠の探求」には、
高濱虚子(明治7―昭和34)の手法が丁寧に読み解かれている。
読後に、唯一残った虚子の印象は、

  題の本質を多方面から考え抜くと、
  本質にちかづいたよい句ができる。

ということだった。
わたくしは、花鳥諷詠の祖としての虚子をどこかばかにしていた。
素朴で地味な、
駄句をおびただしく生産したひととして。
だが、違った。
ぶっとんでいるんだ。
虚子は、前衛だ。

この紙片は、
鎌倉英勝寺大崎句会での自筆の句稿だが、
近景の花と火星という遠景との取り合わせのほかに、
ある女流画家が、
「紫蘭と火星の赤い色を掛けている」と指摘してくれた。
「暗し」と「火星」とは、シンボルである戦争もまた匂わせている。
じつに手の込んだ句だと思えた。

翻って、題の本質を考え抜くという作業だが、
火星とはなにか、紫蘭とはなにか、
隠れているシンボルはなにか、
そうした洞察を得る作業を経ての句なんだと気づけば
わたくしはもはや、虚子を軽んじることはできない。
虚子の句に表現された「題」の本質を
読み解く努力を怠ってはならない。

2016年3月19日土曜日

茂吉と異化


ゆふされば
大根の葉にふるしぐれ
いたく寂しく
降りにけるかも  (あらたま)


斎藤茂吉(明治15-昭和28)は
ある秘法を手中にしたので、
歌人として長命だったのだ、という。

日常の些事を、詩に変換する
「異化」と呼ばれる歌の方法のことだ。
非日常化とも呼ぶ。
仙台文学館の歌人・小池光が、
その方法をくわしく論考している。
具体的に、どう異化するか、は次回に回す。

ひとまず、

異化の概念は次のようなものだ。
慣れ親しんだ日常的な事物を奇異で非日常的なものとして表現するための手法。
知覚の「自動化」を避けるため、のものである。
ヴィクトル・シクロフスキーによって概念化された。
異化とは、日常的言語と詩的言語を区別し、
(自動化状態にある)事物を「再認」するのではなく、
「直視」することで「生の感覚」をとりもどす芸術の一手法。

昨日、ひとり、益子をめぐる。
数件の「古道具屋」。
とはいえ、立派なギャラリーだ。
古い机や椅子、ガラス瓶などが整然と置かれている。
使いフルされたものが、
直視、を希望している。
これも異化作用だ、きっと。

購い、家に戻ると、
モノにあった非日常や詩性が、
いつのまにか消散している。
非日常の輝きが消えている。











彼岸



素パスタ食ふフオウクを買ひに来た早春の雨に光れる銀のフオウクを
さふいえば35年昔の春に狂つた出会ひはふたりの狂気のはじまりだつた
早春の田舎ぐらし求むるひとの物件探すなか村に隠れし闇の物語に出合ふ
汚れしモノあふれゐる古物屋の黴のにほひを嫌悪するそれは春のよき兆し



角川の平成28年版短歌年鑑を読む。
そのなかで、
全国の千人ちかい歌人へのアンケート
「あなたにとって詩情とは」がおもしろかった。

静けさの中にあるもの(横山未来子)
現実を塗り替えうるちから(山口文子)
こころのどこかを呼び覚ます韻、表現(みかみ凜)
無意識を形象化する光または翳(みずのまさこ)
現実世界に穿かれた風穴(松村由利子)
越境するまなざし(古谷智子)
たましいを浮遊させるもの(河野小百合)
より大きな文脈への渡河(奥田亡羊)
理屈をこえてある意識状態へとシフトさせるもの(井辻朱美)

これは歌論だ。
歌論の集合体だ。
なかでも、

書留めたい、とおもう心の動き(石川美南)

に、とくに引かれている。

2016年3月8日火曜日

あさもやの梅林を歩く


偶々3.07

円空の 終の栖の 李かな 
けさよりは 花咲かせ爺(ぢぢ)をる 朽屋敷
四十五十年も 乗り遅れてゐるん です春に
幾何(いくばく)の 風わずらはし 桜翳