2017年4月20日木曜日

栗 原


 角川源義の短い論考「義経記の成立」(昭和62 全集2所収)は、義経記の「北国落」をしらべたものだが、わたくしども栗駒に残る佐竹血族のルーツを探るうえで、興味深い内容が書かれている。

 北国落は、山伏の姿に変装した義経主従一行が、奥州平泉の藤原秀衡を頼るべく、京を出立し、熊野権現の霊験によって、難関を次々超えていく史実と空想が織り交ぜられた物語だ。義経の流寓の果て、最後に、僧侶一千人がいたという天台宗奥州総本山の栗原寺(りつげんじ)に到着する。

 やがては頼朝の奥州征伐の交戦場ともなるのだが、義経はこの寺で、平泉から迎えに来るのを待ち、50人ほどの同寺僧兵を従えて、平泉に入っていく。それはまるで「蝦夷の王」のように。

 栗駒という地に千人を超える僧侶がいたのである。彼らは藤原と共にあり、その後、頼朝の奥州征伐で義経が殺され、藤原三代の滅亡を見届けた後、同じ栗駒町に義経と武蔵坊弁慶の胴塚を祀ることになる。判官森と弁慶森である。僧兵たちが、義経らの遺骸を引き取ったのではなかろうか。

 源氏同士の戦いとなった西金砂山合戦で敗走しながらも、その後頼朝へ加勢した佐竹血族はまもなく、旧所領の常陸国奥七郡を回復したうえ、全国各地に所領を得た。このときに散らばった佐竹血族が、各地に佐竹血族が繁栄している理由なのだが、栗駒中野にも所領を得た。栗原寺および判官森と同じ栗駒である。

 頼朝による計らいがあったのではと推察される。藤原氏と佐竹氏は縁戚関係を結んでおり、一度は、義経の対頼朝挙兵に呼応している。義経シンパ、寺門への監視が狙いである。吾妻鏡には義経死後、秀衡の臣下の大河次郎が自らを「義経」と号して、謀反を企て、栗原寺で死んだ。これもまた数々の義経伝説を生んでいった混乱の証のひとつであるのだろう。

 源氏は義光以降、天台宗総本山の三井園城寺を帰依していた。この寺院の内の新羅社で、義光は元服した。園城寺ーー熊野―ー栗原寺という密接なつながりをかいま見たのは、義経記での義経一行は、天台系熊野修験の霊場をたどるように、北国落をしていったことを知ったからだ。義経の背景にある、鞍馬の神々と、熊野の行法と、当時の宗教、あるいは力の源泉のありようも、調べねばならない。



















2017年4月15日土曜日

山頭火


空花子さんという、
どこに住んで、どんな経歴を持つのか、
ほとんどわからない書家が、
わたくしのFBのともだちなのだが、
ある日、訥々とした自書の、種田山頭火の句をいくつか、挙げられたので、
しみじみと見入った。
アル中男の句が、すうっと、
心に入り込んでくるのだった。

一方で、
金子兜太の「種田山頭火--漂白の俳人」(1974)を読む。
収めている文は、94篇。
ほぼ1200字ごと、原稿用紙3枚でまとめている。
その執拗な姿勢は敬意だが、
共産主義者の俳人が、
社会の底辺で苦しむ、山頭火の姿を容赦なく書いた。
いかに駄目な人間かと、ひたすら打ち付ける。
日銀労組専従(日銀職員という意味ではない)だった
金子の属性は、共産主義者特有の憎悪だ。

金子の文からは、
空花子さんの書から得たもの、つまりは
山頭火が、喜びの中で自然から受け取っているもの、を
得ることは不可能だった。

 分け入っても分け入っても青い山

に、失格者の烙印を見る必要がどこにあるのか。

わたくしは、空花子さんの書から立ち現れた
山頭火の句のきらきらした姿を信じようと思う。
もちろんいつもではないが、
山頭火は、きらきらしている。
明るい。
でなければ、生前あれほど好かれない。
共産主義者の解釈は、要らない。
共産主義者は、詩も、日本という国も駄目にする。

山頭火が書いている。
 
 俳句は悲鳴ではない、むろん怒号でもない、嘆息でもない。
 むしろ、深呼吸である。
















2017年4月14日金曜日


「神社と鉄についての調査報告」(1987、山陽放送学術財団)は、
備前を中心としたエリアの、吉備津系神社と古代の鉄生産の関連をまとめた冊子だ。
当初は桃太郎伝説を掘り下げる試みであったようだが、
常陸国に関連する記述があって、興味深い。

たとえば、久慈川南岸の高台で畑地が広がる水戸北方の額田。
額田氏が住み、鉄産地でなかったかという指摘がある。
吉野裕によれば、額田は土処田とも書く。
産鉄場を指している。
天目一箇神(一つ目小僧として知られる神)を奉り、
金属鋳造を専業とした技術者の氏族のようだ。
新撰氏姓氏録に出ている。

吉野の指摘で展開できたのは、「仁方(にかた)」である。
播磨国佐用町仁方からは、
日本でもっとも古いたたら跡が発見されているのだそうだ。
額田の西北役20キロの、
久慈川が阿武隈山塊から平野部へ広がりはじめる山方町。
二方(ふたかた)という地区がある。
仁方との類似。ここはもしや、
額田と同じかもしれない。
久慈川沿いの、古代の、たたらのひとびとの住まった場所。

若尾五雄さんは、額田のぬかとは米の糠のような微細な粉を指し、
ヌカとはむしろ砂鉄、を意味していたという説を書いている。
どうだろうか。










2017年4月12日水曜日

2017年4月8日土曜日

珠 蜻



古語探索は続いている。
珠蜻は、「たまかぎる」と訓む。
古くは、「かげろふの」「かぎろひの」と訓んだそうだ。
「微かに」「幽かに」の意味だ。
「かげだに見えぬ」ものをも謂う。
翳である。
実よりも虚である。
あるかなきかの、
声、色、気、ひと、立ち居振る舞い、気持ち、
を感じとる。
たまかぎる、という古い言葉遣いが、
日常とは異なる意識を生む魔法になる。
珠は玉。魂の憑代。
珠の「ま」は
幸田露伴先生のいうように
「中心の、内部の、まことの状態にある完全なもの」。
かぎろひは、
輝くが、強烈な光であるのと反対に、
ゆらゆらゆれるようなやはらかなひかり、を指している。










2017年4月3日月曜日

偶 々 -闌ー



觸振(ふふら)はば 春闌くみづの エヱテルの
櫻蘂 降る草莽と 云ふ鑿に
夜ノ森の ぬばたまの夜の 櫻哉    (をさなき日に夜森驛で)
掛け布團 口まで覆ひ 春の風邪
花の戸を 頻りに過ぎし 鄙の路
花菜漬 けふより月は あたらしき
新しき 日が射しにけり 花菜漬
春彦が 春の宮にて 遊びゐる
春昼や 狙はれてゐる 鄙の村
春疾風 身を凭るれば 浮かびたる
珠蜻(たまかぎる) ゆふべ崩れむ 花衣
降(あまくだ)す 櫻の雨に 滌(あらは)るる
掌を 明かし燭(とも)せる 桃の径
櫻餅 あらかじめなる あなたかな 














2017年4月1日土曜日

綺語抄

うぐいすかぐら
藤原仲實の書いた、
本歌学大系所収の平安時代の歌学の書「綺語抄」を読んでいる。
難解な歌の詞や単語を、天象から植物までの17の部門に分類しているそうだ。

この書は当時の歌人にとっての、
「難解語」を集めているらしい。
これが動機だ。
新古今時代の人々にとって、
難解だった詩語とは何か、という疑問。

難解というのは、
本来の意味が失われている古い詩語かもしれないし、
万葉と古今の時代に、普遍化しなかった、独創的な詩語かもしれない。
だとすれば、古代の言葉へのアプローチのひとつになる筈。

斎藤茂吉も「柿本人麿」の評釈読解において、
さかんに、同書を引用しているのだから、
この書、この細い路もまた、古い時代へのきっと大切なものに違いない。

「さゐたづま」という言葉があった。
さゐは「さゐさゐ」のことだろうか。
たづまとは、さらに、わからぬ。
藤原仲実は、ただ、「草をいふ」と書いているだけだった。

ぐぐる。
「さゐたづまいろ」で出てきた。
「左伊多津万色」と万葉仮名が振られている。
黄味を含んだ濃い緑色、のようだ。
「虎杖」の古名と分かる。