2018年5月13日日曜日

星のちから



なんぢ 昴宿の鎖索を 結びうるや
参宿の 繋縄を 解きうるや
なんぢ 十二宮を その時々に従いて 引い出し得るや
また北斗と その子星を 導き得るや
なんぢ 天の常経(のり)を 知るや
天をして 其の権力を 地に 施こさしむるや

文語約聖書ヨブ記38章を読むと、
プレアデスの
オリオンの
北斗七星の
ちからがどれほど現実的であるか、
いまのわたしたちにも巡っている、と思わずにいられない。
知りたいのは天の常経。つまり「法則」であることも。

伊勢神宮摂社のひとつに、渡会郡の
天須婆留女命御魂(あまのすばるめのみことのみたま)を祀る摂社がある。
日本書紀には天照大神がしている首飾りの名は、
五百筒之美須麻流之珠(いおつのみすまるのたま)。
古代より、星のちから、と共にあった。
そして天の法則として、空から降り続けている。
星のちからを、信じよ。
そして降ろせ。